DELL PowerEdge T110II 障害(後日談)

購入したHDDは予定通りに届き、故障した片側のHDDと取り替え。
自動的に修復が始まると思っていたので、1日放置していたけど、状況改善されず???
RAID Status: Degraded
のまま。

RAID Controller(PERC H200)のBIOS画面を開くと。

Slack for iOS Upload-1

“Missing”。認識されていない。
RAID に組み込まれていないよう。

“Hot Spr”の所だけ、黄色になって変更できるようになっている。
hotspareモードじゃないので、容量が完全に一致していない(Slot0 HDD=930GB,Slot1 HDD=931GB)と、自動的には組み込まれないみたい。
“Hot Spr”=YESにして、「C」を押して、変更を保存すると、、、

Slack for iOS Upload-2

Task 0 Syncd

になって、復旧が始まった!!
Device StatusもRebuildingになったので大丈夫そう。
このまま完了するのを待ちます。

マニュアル構成が必要なraid controllerなのかもしれません。
初のRAIDドライブ故障であたふたしましたが、知り合いにサポートしてもらって、無事解決しました。

DELL PowerEdge T110II 障害

客先へ納入したデルのサーバーに障害。

なかなかbootまでたどり着かないという現象。
異音もする。

ヤフオクで購入したので、DELLが直接サポートしてくれない、、、
調査に協力はしてくれた。
digaでRAIDコントローラーの障害と出たので、ヤフオクでPERC H200を購入。
5,000円くらいで買えた。

差し替えても復旧はしない。
diagまでもたどり着かない状態。

えいやっと、HDDケーブルを抜いて起動したら、片側のみ外した状態だと正常にCentOSが起動した!
HDD障害もあったのか、、、
純正部品(GPP3G)の購入もDELLからは出来ず、、、
オフィシャルショップのものは7万で高い、、、

最初は、Amazon.com/ebayで買って、転送サービスで日本で送ろうと思っていたが、時間がかかる。

知り合いに相談しつつ、同規格のHDDなら大丈夫だろうということで探す。
Amazon.co.jpで1.6万の安めの物が見つかった。

着払いで注文して、届くのを待つ。

homesteadのVMをもう一つ作る

Laravel5がきたので、検証用に新しくVMを作ろうとしたら、いろいろぶつかって、うまくいかなかった。
対処方法のメモ。

$ git clone https://github.com/laravel/homestead.git Homestead-l5
$ cd Homestead-l5
$ vi Homestead.yaml

---
ip: "192.168.11.10"
memory: 2048
cpus: 1
name: "homestead-l5"
hostname: "homestead-l5"

authorize: ~/.ssh/id_rsa.pub

keys:
    - ~/.ssh/id_rsa

folders:
    - map: (作業フォルダ)
      to: /home/vagrant/Code/Laravel

sites:
    - map: homestead.app
      to: /home/vagrant/Code/Laravel/public

databases:
    - homestead

variables:
    - key: APP_ENV
      value: local

$ vi scripts/homestead.rb

class Homestead
  def Homestead.configure(config, settings)
    # Configure The Box
    config.vm.box = "laravel/homestead"
#    config.vm.hostname = "homestead"
    config.vm.hostname = settings["hostname"] ||="homestead"

    # Configure A Private Network IP
    config.vm.network :private_network, ip: settings["ip"] ||= "192.168.10.10"

    # Configure A Few VirtualBox Settings
    config.vm.provider "virtualbox" do |vb|
#      vb.name = 'homestead'
      vb.name = settings["name"] ||='homestead'

apache2のキャッシュ無効の設定

djangoで開発していて、ファイルをアップしても反映されない問題にぶつかる。
apache2 restartで反省されるから、apacheのキャッシュと想定。

headerモジュールをロードして、おまじないをconfに書けばいいのはわかったのだけど、ネット上のいくつかの情報を試しても駄目。
最後の頼みで知り合いに聞いて解決!!

$ cat /etc/lsb-release
DISTRIB_ID=Ubuntu
DISTRIB_RELEASE=14.10
DISTRIB_CODENAME=utopic
DISTRIB_DESCRIPTION=”Ubuntu 14.10″

$ apache2 -v
Server version: Apache/2.4.10 (Ubuntu)
Server built: Jul 25 2014 10:24:21

$ sudo cp /etc/apache2/mods-available/headers.load /etc/apache2/mods-enabled/headers.load
$ sudo vi /etc/apache2/site-available/tweet_test.conf

Header unset ETag
Header set Cache-Control "max-age=0, no-cache, no-store, must-revalidate"
Header set Pragma "no-cache"
Header set Expires "Wed, 11 Jan 1984 05:00:00 GMT"

$ sudo service apache2 restart

駄目な例

Header set Pragma no-cache
Header set Cache-Control no-cache
FileEtag None
RequestHeader unset If-Modified-Since
Header set Cache-Control no-store

MACOSX へのLaravel Homesteadのインストール

環境確認

$ php -v
PHP 5.4.30 (cli) (built: Jul 29 2014 23:43:29)
Copyright (c) 1997-2014 The PHP Group
Zend Engine v2.4.0, Copyright (c) 1998-2014 Zend Technologies

$ sw_vers
ProductName: Mac OS X
ProductVersion: 10.9.5
BuildVersion: 13F34

VirtualBoxとVagrantのインストール

http://www.vagrantup.com/

https://www.virtualbox.org/

Vagrantの設定

Homesteadフォルダを作る場所へ移動
$ vagrant box add laravel/homestead
$ git clone https://github.com/laravel/homestead.git Homestead

$ vi Vagrantfile

homesteadYamlPath = File.expand_path(“./Homestead.yaml”)
# homesteadYamlPath = File.expand_path(“~/.homestead/Homestead.yaml”)
afterScriptPath = File.expand_path(“./after.sh”)
# afterScriptPath = File.expand_path(“~/.homestead/after.sh”)
aliasesPath = File.expand_path(“./aliases”)
# aliasesPath = File.expand_path(“~/.homestead/aliases”)

作業用フォルダの作成

Homesteadとは別にした方がよいと思われる

Homesteadの設定

$ vi Homestead.yaml

authorize: ~/.ssh/id_rsa.pub

keys:
– ~/.ssh/id_rsa

folders:
– map: (作業用フォルダ)
to: /home/vagrant/Code

sites:
– map: homestead.app
to: /home/vagrant/Code/
hostsの追加

$ sudo vi /etc/hosts

127.0.0.1 localhost homestead.app
Composerのインストール

$ curl -sS https://getcomposer.org/installer | php
$ sudo mv composer.phar /usr/local/bin/composer

Laravelインストールに必要なモジュールのインストール

$ brew tap josegonzalez/homebrew-php # いらないかも
$ brew tap homebrew/php
$ brew tap homebrew/dupes

$ brew update

$ brew install php54-mcrypt

/etc/php.iniが無いとき $ sudo cp /etc/php.ini.default /etc/php.ini
$ sudo vi /etc/php.ini

extension=mcrypt.so
フルパスで指定しないとエラーになることがある

エラーが気になるなら以下も設定

date.timezone = Asia/Tokyo
Laravelのインストール

(作業用フォルダ)へ移動
$ composer create-project laravel/laravel Laravel –prefer-dist

一度失敗して再度実行するとnot emptyのエラーになるので、一旦削除して再実行する

起動

$ vagrant up

動作確認

http://homestead.app:8000