iPhoneアプリ AppStore申請まとめ

iPhoneアプリ AppStore申請まとめASのおもちゃ箱開発ブログ(1)事前に準備するもの
・AppStore用画像ファイル(512×512)
・サポートサイト
・アプリの名称および説明文
・アプリのスクリーンショット
→オーガナイザでキャプチャが取れます。(Default.pngとして保存されます。)余分な枠が付いてしまうので、画像編集ソフトで切り抜きました。サイズが決まっているので、それに合わせないとアップロード時に怒られます。

(2)配布用AppID作成
iOS Provisioning Portalから、App IDs→New App IDで、新しく作成する。
Description: アプリの説明
Bundle Seed ID(App ID Prefix): Generate Newのまま
Bundle Identifer (App ID Suffix): アプリのID。他とぶつからないようにドメインなどを使用する。

(3)配布用Provisioningファイルの作成
iOS Provisioning Portalから、Distribution→New Profileを開く。
Distribution Method: App Storeのまま
Profile Name: 適当に
Distribution Certificate: 自分の情報が出ているはず。変更できない。
App ID: (2)で作ったApp IDを選択

直後は、StatusがPadingになっているので、何度かリロードするうちに、Activeになる。

(4)配布用Provisioningファイルの登録
(3)の画面で作成したProvisioningファイルをダウンロード。
ダウンロードしたファイルをダブルクリックすると自動的にオーガナイザが起動し、登録される。

(5)プロジェクトの設定
プロジェクトを選択し、情報を見るで設定を開く。
コード署名IDで、(3)で作ったファイルを選択する。
(プロジェクト名)-Info.plistファイルを開き、Bundle identifierを、(2)で作ったIDと同じく設定する。

(6)「iTunes Connect」にログインする

(7)契約情報の登録
※これを先にやらないと、アプリを有料で登録できません。私は、アプリの登録を先にしてしまってから気付きました。
契約情報と銀行の情報を登録します。
トップ画面上のContracts, Tax, and Bankingのリンクをクリック。

(8)Contracts Tax, and Banking画面
Contract Region = All、Contract Type=iOS Paid ApplicationのRequestボタンを押します。

(9)Add New Legal Entity画面
すでに内容は入力されていました。iOS Dev Centerに登録したときの情報が表示されているのでしょう。
変更してsubmitし直せと出ています。
新宿区が抜けていたので、追記して、Save。

(10)Review Agreement画面
言語をJapaneseにすると日本語で表示されます。
なんとか流し読みしましたが、ちゃんと読むのはきついなあ。。。
Agreeのチェックを入れて、Submit。

Thank youの画面になるので、Done。
Contracts Tax, and Banking画面に戻ります。
Contract Region = All、Contract Type=iOS Paid Applicationが「Contracts In Processに移動しているはずです。

(11)Contact Information 連絡先の登録
Contact InfoのSet Upをクリック。
5種類登録しないといけないが、最初は誰も登録されていないので、選択できない。
Create New Personで一人追加して、みんな同じ人を選択して、Submit。

(12)Bank Information 銀行情報の登録
Bank InfoのSet Upをクリック。
Banking Informationで、Choose Bank Accountが空。
Add Bank Accountをクリック。

Bank Countryで、Japanを選択。
全銀コードを入力するようになっていますが、下のフォームで検索できます。
銀行名や都道府県をローマ字で入力するなり、郵便番号をを入力するなりして、一つに絞り込めれば、自動的に全銀コードが入力されます。
確認画面が表示されるので、Next。

Bank Account Number:口座番号
Account Holder Name: 口座名義
→個人の名義で登録しました。本当は会社の口座を使いたかったのですが、名義のローマ字入力方法がわからなかったので。。。知っている方教えてください。。。
Bank Account Type: 口座種別
Bank Account Currency: JPYにしました。
と入力して、Nextをクリック。

確認画面が表示されます。
「I certify that the information above is ….」のチェックを入れて、Save。

Banking Informationの最初の画面に戻るので、追加した銀行を選んで、Save。

(13)Tax Information 税金情報の登録
Tax InfoのSet Upをクリック。
“U.S. Tax Forms”のSet up をクリック。(たぶん、これでよいはず。)

「Are you a U.S. citizen, U.S. resident, U.S. partnership, or U.S. corporation?」と聞かれる。→No

「Do you have any U.S. Business Activities?」→No

「Certificate of Foreign Status of Beneficial Owner」の入力。
すでに入力されている項目もある。Type of Beneficial OwnerとTitleだけ入力して、
「I declare that the individual or organization named i….」のチェックボックスを入れて、Confirm→Submit。

(14)Contracts, Tax, and Bankingの入力完了。
Contract Region = All、Contract Type=iOS Paid ApplicationのStatusが、「Processing」に変わったので、Done。

(15)New Application画面の入力
「Manage Your Application」→「Add New Application」とすすむ。
Primary Language:言語を選択
Company Name:作者名を入力

(16)App Information画面の入力
App Name:アプリケーションの名前
SKU Number:製品番号らしい。私は、App IDを入れました。
Bundle ID:登録済みのアップIDから選択

(17)Rights and Pricing画面の入力
Availability Date: 今日の日付がデフォルトで表示されているはず。そのままにしました。
Price Tier: これで金額が決まるようです。今回は、115円のつもりなので、「Tier 1」を選択しました。
Discount for Education Institutions: 教育機関向けの割引だそうです。115円で割引されても困るので、今回はチェックを外しました。
※この時は、気付かなかったのですが、契約情報や銀行情報を登録していなかったので、アラートが出ていたはずなのですが、気付かずに進めたので、Freeで登録されてしまっていました。

Price Tier Effective Date: Now
Price Tier End Date: None
にして、Save。

ここで、
「Your contract for this price tier is being reviewed and is not yet active. Your app cannot be available on the App Store until your contract becomes active.」という警告がでてしまいました。
契約プロセスが完了していないのかなと想像。

(18)Version Information画面の入力
<Metadata>
Version Number: 今回は、初回なので1.0にしました。
Description: 適当に。
Primary Category: 今回は、Entertainmentにしました。
Secondary Category: 選択せず。
Keyword: カンマ区切りで複数入力
Copyright: 「2010 〜 Inc」のように入力するようです。
Contact Email Address: 連絡先のメールアドレス
Support URL: サポートサイトのURL
App URL: 省略
Review Notes: 省略
<Rating>
全部Noneにしました。
<EULA>
エンドユーザー向け使用許諾契約を独自に作る場合に必要らしい。今回は、無視。
<Images>
Large 512×512 Icon: AppStoreに載るときの画像。サイズ指定があるので、合わせる。
iPhone and iPod touch Screenshots:スクリーンショット画像。サイズ指定があるので、合わせる。
iPad Screenshots: iPad専用画面はないので、未選択。

この後、確認画面になるので、確認して、Done。

(19)アプリのアップロード
Manage Your Appsに、今登録したアプリが表示されていると思います。それをクリック。
アプリの詳細画面になります。VersionsのCurrent Version のView Detailsをクリック。
該当バージョンの詳細画面になります。右上のReady to Upload Binaryをクリック。

(20)Export Compliance画面
Export Compliance(輸出コンプライアンス)とのこと。
暗号化処理を含んでいるかどうかの確認らしい。今回は、No。

アプリケーションのアップロードについての説明書きの画面が表示される。→Continue

※契約や銀行の情報の登録をせずにすすめていると、PricingがFreeになってしまいます。アラートが出ていたはずです。私は見逃していたので、Freeで登録されてしましました。
その後、契約情報や銀行情報を登録して、再度Pricingを選ぶと有料アプリが選べるようになりました。

しかし、現時点では、
「Your contract for this price tier is being reviewed and is not yet active. Your app cannot be available on the App Store until your contract becomes active.」
という警告がでて、Pricingが登録できませんでした。Statusが「Processing」なので、しばらく待ってみることにします。
→30分もしないうちに、Statusが変わってようで、「Contracts In Effect」に移りました。

(21)アプリのアップロード
とりあえず、アプリのアップロードだけ進めることにしました。
現時点では、オーガナイザーからしかアップロードができないようです。
XCodeで通常の「ビルドと実行」ではなくて、「ビルド」→「Build and Archive」でビルドすると、オーガナイザーのArchived Applicationsにアプリが表示されます。

表示されたアプリケーションをダブルクリックし、日付のところを選択すると、下のSharingエリアの「Submit Application to iTunes Connect」のボタンが押せるようになります。
クリックすると、IDとパスワードを聞かれるので、iOS Dev Centerのアカウントを入れます。
Identityを聞かれるので、App Store配布用のPropositioningを選択して、Submit to iTunse Connect。
しばらくすると、「Submitされたよ」というダイアログが表示されます。
この時点で、iTunes Connectのステータスが、「Waiting For Upload」から「Upload Received」に変わりました。
その後、すぐにステータスが、「Waiting For Review」に変わりました。

で、再度Pricingの設定を試みていたら、警告が無くなったのですが、登録は完了できないままです。
「The following error(s) occurred:
No changes have been made. Please make your changes or click “Cancel”」
というエラーが出ます。
Reviewが終わらないと登録出来ないんでしょうか。。。

iPhoneアプリ AppStore申請まとめ」への1件のフィードバック

  1. Akihiro Seki 投稿作成者

    >で、再度Pricingの設定を試みていたら、警告が無くなったのですが、登録は完了できないままです。
    >「The following error(s) occurred:No changes have been made. Please make your changes or click “Cancel”」
    >というエラーが出ます。
    >Reviewが終わらないと登録出来ないんでしょうか。。。

    の件ですが、翌日見てみたら、登録されていました。
    なんだったんでしょう。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>