MongoDBをWindowsにインストール

MongoDBをWindowsにインストールASのおもちゃ箱開発ブログ

MongoDBのインストールと動作確認

Windows版MongoDBをダウンロード

http://www.mongodb.org/downloads

※64bitか32bitか環境に合わせて選ぶ

ダウンロードしたファイルを実行
※必要であればインストール先を変更。今回は、c:¥mongodb。

ディレクトリの作成

cd:¥mongodb
mkdir data
cd data
mkdir db

MongoDBの起動
binフォルダのmongod.exe を実行

bin¥mongod.exe --dbpath=c:¥mongodb¥data

MongoDBへの接続(コマンドラインツール)

bin¥mongo.exe

exitでツールから抜ける

MongoDBを停止
先ほど起動したmongod.exeをCtrl+Cで終了させる

MongoDBをサービス登録

管理者モードでコマンドプロンプトを開く

ログディレクトリを作成

mkdir "C:\mongodb\log"

設定ファイルを作成

echo logpath=C:\mongodb\log\mongo.log > "C:\mongodb\mongod.cfg"

サービスをインストール

"C:\mongodb\bin\mongod.exe" --config "C:\mongodb\mongod.cfg" --install

フルパスで書かないと起動時にエラーになる

サービスの開始

net stop MongoDB

コントロールパネル→管理ツール→サービスから開始してもOK

サービス削除

"C:\mongodb\bin\mongod.exe" --remove

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>