apache2のキャッシュ無効の設定

apache2のキャッシュ無効の設定ASのおもちゃ箱開発ブログdjangoで開発していて、ファイルをアップしても反映されない問題にぶつかる。
apache2 restartで反省されるから、apacheのキャッシュと想定。

headerモジュールをロードして、おまじないをconfに書けばいいのはわかったのだけど、ネット上のいくつかの情報を試しても駄目。
最後の頼みで知り合いに聞いて解決!!

$ cat /etc/lsb-release
DISTRIB_ID=Ubuntu
DISTRIB_RELEASE=14.10
DISTRIB_CODENAME=utopic
DISTRIB_DESCRIPTION=”Ubuntu 14.10″

$ apache2 -v
Server version: Apache/2.4.10 (Ubuntu)
Server built: Jul 25 2014 10:24:21

$ sudo cp /etc/apache2/mods-available/headers.load /etc/apache2/mods-enabled/headers.load
$ sudo vi /etc/apache2/site-available/tweet_test.conf

Header unset ETag
Header set Cache-Control "max-age=0, no-cache, no-store, must-revalidate"
Header set Pragma "no-cache"
Header set Expires "Wed, 11 Jan 1984 05:00:00 GMT"

$ sudo service apache2 restart

駄目な例

Header set Pragma no-cache
Header set Cache-Control no-cache
FileEtag None
RequestHeader unset If-Modified-Since
Header set Cache-Control no-store

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>