Vagrant+apache2+php-fprm環境にxdebugをインストールする

Vagrant+apache2+php-fprm環境にxdebugをインストールするASのおもちゃ箱開発ブログ今の現場で使用しているVagrant環境で、xdebugのインストールに手間取ったのでメモ。

<環境>
Vagrant
apache2
php-fpm

<やったこと>
$ yum -y install php-devel

PEARが入っていない場合
curl -O http://pear.php.net/go-pear.phar
sudo php -d detect_unicode=0 go-pear.phar
参考:http://jason.pureconcepts.net/2012/10/install-pear-pecl-mac-os-x/

$ pecl install xdebug-2.2.7

上記がエラーとなる場合は以下を試してみる
$ pear clear-cache
$ pear list-upgrades
$ pear upgrade

xdebug.soのインストール先を探す
[root@localhost ~]# find / -name xdebug.so
/usr/local/php/5.6.15/lib/php/extensions/no-debug-zts-20131226/xdebug.so

php.iniに追記
[root@localhost ~]# vi /usr/local/php/5.6.15/lib/php.ini

# 最終行以降に追記
zend_extension=”/usr/local/php/5.6.15/lib/php/extensions/no-debug-zts-20131226/xdebug.so”
xdebug.remote_enable=1
xdebug.remote_port=”9001″ # 何故かデフォルトの 9000 だとうまくいかないことが多い
xdebug.profiler_enable=1
xdebug.profiler_output_dir=”/tmp”
xdebug.max_nesting_level=1000
xdebug.idekey = “phpstorm” # PhpStorm 側で指定する IDE の識別子
xdebug.remote_connect_back=1
xdebug.remote_autostart=1
xdebug.remote_handler=dbgp

インストールされたか確認
[root@localhost ~]# php -i | grep -i “xdebug support”
xdebug support => enabled

再起動
[root@localhost ~]# /etc/init.d/php-fpm restart

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>