Twitter目隠し将棋

Twitterで目隠し将棋をやります。

(1)参加者が二人そろうまで、botが定期的に参加者募集をつぶやく
(2)参加者は、botに対して参加と返信をつぶやく
(3)二人そろうと、botが、先手・後手を決定し、開始とつぶやく
(4)「一四歩」などと、参加者はつぶやいて、指す
(5)次の差し手がいつまでたっても指さない場合は、botが催促する
(6)どちらが、「まいりました」とつぶやくと投了となる。
(7)「まった」とつぶやくと、次の差し手がまだ指していなければ、自分の差し手をキャンセルできる

・盤の状況は、サーバー側で管理しておく。
→できれば、サイト上で状況が見られるようにしたい
・駒の移動について、可否の判断はサーバー側で行わないので、参加者同士でチェックする

<問題点>
・自分の手駒を使うときは、どのように表現する?
・動かせる駒が複数あるときは、どのように表現する?
→ルールが決まっているようなので、それにしたがう。http://www.rule-sports.com/shogi/kihu/
・twitterの発言を、リアルタイムで取得できないので、盤のへの反映が遅れてしまう
→ストリームAPIを使えばできそう。「使いたいなら連絡してね」という記述があったが、自由に使えるのもあるみたい。
→動かしっぱなしにするとレンタルサーバーに怒られそうなので、1分毎起動、55秒間稼働みたいな感じかな
・盤の表示を作るのが大変
→これを使う。Kifu for Flash